パーカーケミテック株式会社|砂落し|鋳物|鋳鉄|メッキ|洗浄|KOLENE®No.4|コリーン|LOCTITEプリコーティング|ロックタイト|神奈川県

 

LOCTITE塗布加工

 

LOCTITE® プリコーティング剤

LOCTITE® プリコーティング剤
 
 「プリコーティング型接着剤」はネジ部品のゆるみ止めとシール目的に開発された水溶性の製品です。
プリコーティング型とはネジ山に予め接着剤をコーティング加工したもので、接着剤の塗り忘れ防止が可能となり、確実なゆるみ止め・シール効果を発揮します。
これらの製品は、液状の嫌気性接着剤と同様なゆるみ止めとシール効果があり、硬化後は、三次元構造の熱硬化性アクリル樹脂となり耐溶剤・耐薬品性に優れています。又、ネジ接合部の腐食防止にも役立ちます。
 
弊社は、お客様より製品をお預かりし、プリコート剤・塗り位置・塗り幅のご指示を頂き、その条件での塗布加工を実施しております。
 

反応型嫌気性プリコート剤(接着剤)

反応型嫌気性プリコート剤(接着剤)
 
 硬化剤だけをマイクロカプセルに包み、バインダーの中に嫌気性接着剤と一緒に分散させたタイプです。
そのため、嫌気性接着剤は安定性が良く、加工後も安定した棚寿命を確保します。
様々な用途に合わせ、以下の5種類の特性を有する接着剤の加工が可能です。
   
LOCTITE製品名200 201 202 2042045
特徴高強度 耐熱用 嫌気性 最高強度耐熱用(潤滑性)
破壊トルクN・m17N・m以下 25N・m以下 17N・m以下 24.9N・m以下10N・m以下
使用温度の範囲目安-55~150℃-55~200℃-55~150℃-55~150℃-55~180℃
 

未反応型プリコート剤(シール剤)

未反応型プリコート剤(シール剤)
 
 非反応型のため保存安定性が高く、ねじ継ぎ手、プラグを始めボルトやビスに使用することにより優れたシール性を発揮させること目的とした以下2種類の特性を有するシール材の加工が可能です
   
LOCTITE製品名 513 516
特徴 プラグ等にコーティングしておくタイプ プラグ等にコーティングしておくタイプ
使用温度範囲の目安 -55~175℃ -55~150℃
<<パーカーケミテック株式会社>> 〒243-0435 神奈川県海老名市下今泉1丁目18番12号 TEL:046-233-3988 FAX:046-233-7209